blog 社長のブログ

今、考えること2

企業の収益力が凄まじい勢いで低下しています。

多くの企業が倒産の危機を実感して、多くの社員が生活の不安を抱える事態が目の前まで迫っているように感じます。

今はひたすら身を縮めて耐えるしか方法がありませんが、手持ち資産が少なく戦略を描けていない企業の淘汰が進んでいくのでしょう。

 

今、私の頭の中では今後を生き残るための様々なシミュレーションが行われています。

資産、事業、商品、人員、投資、社会環境・・・様々な視点から答えを導き出そうと思考をフル回転させていますが、自社の【理念】を中心に置いて考えることを忘れていません。

 

こんな時こそ、自分勝手で利己的な思考では多くの人々から理解を得ることは出来ません。経営を点ではなく線で捉えて、ブレない実践を進めていくには【強い理念】が支えとなるのです。今こそ経営者の本質が試されていると言って過言ではありません。

 

我が社は「多くの人々にFunを 多くの人々をFanに」・・・この理念を常に中心に置いて、皆様の幸せに向き合ったサービスを提供していきます。

 

今、考えること

以前から建築現場におけるIT化の方法を模索していました。

建築現場は高齢化も進み、アナログ的要素が強い作業環境の中で、どの様にIT化を進めていけば良いか?・・・悩みの一つではありました。

 

限られた資源(予算・人員・スケジュール・環境)で高いクオリティーを提供できる管理体制こそ本物のサービスであると考えておりますし、これを具現化出来ない企業の淘汰は益々進むであろうと考えています。

 

当社においても今月より現場管理ソフトを遅まきながら活用していくことになりました。
リアルタイムで工程管理や作業指示を行い、前後の業者間の情報共有を密にすることで高いクオリティーとサービスを拡充させる狙いです。

コロナ禍の中で想像力を働かせ、社会ニーズに合わせた変化を進めることは、今、経営者が最優先に行うべき仕事だと実感しています。どんな状況であってもお客様目線を大切にすると共に私たちの理念や使命を実践する姿勢を忘れてはなりません。

ファンライフカンパニー・住間計画は、こんな時こそ「楽しさ」と「厳しさ」を忘れずに、皆様に喜んでいただける企業づくり・現場づくりを進めていきます。
お休みしていたイベントも再開致しますので、再びお会いできる機会を楽しみにしております。