blog 社長のブログ

定年年齢

ジャニーズ事務所がジュニアと呼ばれる人たちの定年年齢を22才と定め、その後の去就について個別に判断されるとの報道を聞きました。企業としての新陳代謝、個人の人生計画を踏まえても、ルールを定め何らかの方向性を出すことはとても良い仕組みだと感じています。

当社においても、ある程度の生活基盤が整う50才~55才を目安として、企業と個人がその後の人生や働き方について検討する場が必要だとしてルール化を進めています。3年~5年を1スパンとして雇用解除や再契約を行うことで、お互いの甘えを捨てて実績に即した判断をしていきたいと考えています。

昨年末に政府の諮問機関から日本の中小企業の生産性が諸外国に比べ低いとの報道がありました。この原因の一つとして定年退職というルールに守られた双方の甘えがあるとも考えています。併せて、中小企業の中に「育成と研修の機会」や「実績を評価する仕組み」が不足していることも問題でしょう。

コロナ禍が過ぎて企業のあり方や個々の働き方は急速に変化します。今までの考え方や方法が通用しない経済環境が間違いなく訪れます。都市部と地方、日本と世界・・・ボーダーレスな環境の中で生き残る術を持たない企業は淘汰されます。

経営者はしっかりとあるべき姿を描き、継続的に改革を進める必要があります。ジャニーズ副社長滝沢氏の今後の動向にも注視しつつ、私自身も高みを目指して歩みを続けます。

引き際

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

今年が皆さまにとって幸多い年になることを心より願っております。

 

2021年は波乱のスタートとなりました。

年明けのモタモタ感に政府からの行動自粛要請が重ねり、日本経済の見通しは益々混沌としてきました。この状況は自己努力では解決できませんが、自己努力しか方法が無いことも事実です。我が社においても社員一同で最大限のケアをしながら現実に向き合っていきます。

 

さて今回は「引き際」について考えてみたいと思います。

トランプ大統領が遂に敗北宣言を行ったようです。ここまでのゴタゴタは皆さまもご存じの通りですが、日本の政治家の中にも「引き際」を間違えている方が沢山いるように感じます。私は高齢が悪いとは言っていません。本来の仕事である国益や国民に寄り添った行動から遠ざかり、自己保身の行動や発言をされるようになるのなら、後進を正しい人へ譲り引退された方が多くの方にとって徳だと考えています。

「引き際」を間違えて、今までの功績を水の泡にしている方も沢山いるようです。

 

昨年の10月から「自社の今後」と「後進の育成」を踏まえて中期計画書の作成を進めています。この視点に至った経緯には、今の政治家や企業家の中に「引き際」の美学を感じさせる方が少なくなったことが一番の要因です。第一幕のラストシーンに意味を持たせなければ、第二幕に良いスタートはできません。

 

こんな時代だからこそ現実的な未来を見据えた目線で政治も経済も進めていかないと、世界の中の日本は圧倒的な後進国になってしまいそうです。私もしっかりと自分を見つめ直して、我が社を明るい未来へ導けるよう、気を引き締めて準備を進めていきます。

 

未来へ想いを馳せて

2020年も残り僅か・・・・、本当に色々ことがあった一年だったと感じます。

「色々なことがあった」という言葉の中には、良い事・悪い事、変わったこと・変われなかったこと、想像できたこと・想像出来なかったこと・・・多種多様な想いが詰まっています。

 

その中でも、コロナによりビジネスを成功させる要因が明確に変わったと感じています。いつかは取り組まなければならないと感じていた、本当の意味の「働き方改革」が進んだと言えば解りやすいかもしれません。

アフターコロナに備えて自社の【理念】【組織運営】【個の在り方】【IT化】【生産性】【スピード感】・・・このようなポイントを既成概念にとらわれず改革していくことが必要になりました。

 

改革を進める中で私が感じたことは「ビジネスは人に始まり、人に終わる」のだと言うことです。改めて人材の重要性を強く感じると共に、組織運営の難しさも強く感じました。

現在、私たちの企業は総勢34名となりましたが、数年後には40名~50名の企業に成長しているでしょう。そこには、今以上に「人」の重要性と組織運営の難しさがあるはずです。

 

近い未来には、「人」の評価はAIが行う時代が訪れると思います。「人」がAIによって合理的に区分される社会になるでしょう。社内においても、年収や立場や地位もAIによって判断されるのです。その時には必ず、AIでは測ることのできない「想い」が大切になると信じています。

 

これからの企業は「人」を中心に置き、つながりの中で「想い」を具現化していくビジネスしか生き残らないと感じています。これを実現するために、社長の仕事は沢山あるな・・・と感じるこの頃です。一つひとつに向き合いながら行動を続けます。

 

海外事業

先日、日本国籍を持つミャンマー人が講演するビジネスセミナーに参加してきました。

彼は日本とミャンマーを繋ぐビジネスコンサルタントしながら、ミャンマーで日本食レストランを経営する経営者でもあります。

ミャンマーは若者の人口比率も高く賃金も安い、近年は港や空港の整備も進められ、今後のアジアの中で大きな経済発展が見込まれる期待の国です。

 

特段ミャンマーに興味があった訳ではないですが、数年前から海外事業への関心もあったので有意義に拝聴させていただきました。

海外事業への関心の切掛けは、当社に所属する6名の海外研修生達の存在です。

彼らの潜在能力の高さとバイタリティーは、日本人の若者から感じるものとは違っていて、私の好奇心をおおいにくすぐるものでした。

 

ファンライフカンパニーの家づくりにおいてはデザイン性を重要視しています。

その質を高めていくためにはデザイナーの存在が不可欠であり、常に新しい風を送り込む人材の育成が求められています。
そこで私は、この役割をいつかは海外事業として事業化したいと考えています。

私の海外のデザイン事務所で色々な国の若者が競い合い、質の高いデザインを生み出していく・・・こんな夢を描いています。

 

コロナの騒動が納まり、自由に国を行き来できるようになったら、世界の風を感じに視察に出かけてみようと計画しています。

皆様に更にステップUPした素敵なデザインをお届けできる日が訪れるよう頑張ります。。
平穏な日常が早く戻りますように・・・。

 

中小企業の戦い方

9月29日・・・たばこ店に多くの人が訪れ、大量のたばこを購入する姿をみかけた。
一瞬、なぜ?と思ったが、10月1日よりたばこが値上がりすることに気付き納得です。
同日にお酒の一部も値上げになったようです。

値上げと言いましたが正確には税率が変わる・・・が正しい言い方です。
消費税だけでなく、ジワリジワリとあらゆる増税が続いています。
酒やたばこに限らず、気付かぬうちに増税されてことは沢山ありますからね。
この先の景気はどのようになっていくのでしょうか?

政府は消費喚起の施策を打ち出してきていますが、あくまでも範囲限定・期間限定のキャンペーンでありますので、どれほどの経済効果を生み出すことができるのか・・・未知数ではあります。なんとなく特定の業種への「ガス抜き」的な要素が強いように感じます。

さて、この様な状況下で中小企業はどのように戦うことがベターなのか・・・。
(多分、ベストの答えを用意することは出来ないと思います。)
私は「先ずはやってみよう。考えながら走る・・・」がベターな答えだと考えています。
無策なように感じられるかも、ある程度の想定のもとに走り出してみる【勇気】が今は必要だろうと考えています。

我が社においても社内改善や体制強化を日々続け、皆様に最高のFunをお届けできるよう更なる努力を継続していきます。
今後のファン・ライフカンパニーと住間計画へ是非ともご期待ください。

今、考えること2

企業の収益力が凄まじい勢いで低下しています。

多くの企業が倒産の危機を実感して、多くの社員が生活の不安を抱える事態が目の前まで迫っているように感じます。

今はひたすら身を縮めて耐えるしか方法がありませんが、手持ち資産が少なく戦略を描けていない企業の淘汰が進んでいくのでしょう。

 

今、私の頭の中では今後を生き残るための様々なシミュレーションが行われています。

資産、事業、商品、人員、投資、社会環境・・・様々な視点から答えを導き出そうと思考をフル回転させていますが、自社の【理念】を中心に置いて考えることを忘れていません。

 

こんな時こそ、自分勝手で利己的な思考では多くの人々から理解を得ることは出来ません。経営を点ではなく線で捉えて、ブレない実践を進めていくには【強い理念】が支えとなるのです。今こそ経営者の本質が試されていると言って過言ではありません。

 

我が社は「多くの人々にFunを 多くの人々をFanに」・・・この理念を常に中心に置いて、皆様の幸せに向き合ったサービスを提供していきます。