blog 社長のブログ

嬉しい出会い

私が所属する「中小企業家東京同友会」のメンバーより、各自の経営哲学を立正大学の学生へ講義させて頂く事業があります。この事業は既に十数年に渡り継続されていますが、そのプレ開催の司会をお手伝いしてきました。

本年も10数名のメンバーが60分の講義1枠を受け持ち開催されます。私も昨年、この講義を行う機会を頂いた一人でありますが、コロナ禍の中での開催のため、リモートと録画という少し味気ない経験になりました。しかしながら講義の主題や内容を組み立てる過程においては大変良い勉強をさせて頂いたと感謝しています。

 

今回はそのプレ講義のお手伝いの際に嬉しい出会いがありましたのでご報告をさせていただきます。

当日は大田区で精密部品の製造を営む若手社長が12名の生徒さんへ向けてプレ講義を行いました。30分のプレ講義を終え、質疑応答へと進み、予定されたメニューが滞りなく終了となった時に、一人の男子生徒さんが私のところへ近づいてきて「私は沼田市の出身です」と言ってきたのです。

 

話をしてみると、彼は昨年の私の講義をリモートで聞いてくれていて、「沼田の企業」だと知ってビックリしたそうです。この講義には都内の企業の社長さんが出てくるものと想定していますから、群馬の、しかも沼田市の社長の登場はインパクトがあり記憶していたそうです。彼の大学生活は、現在も沼田市に暮らし、リモート事業を中心に、週1回キャンパスまで電車通学をしているとのことでした。この日も、講義終了の19:30より電車で3時間かけて沼田へ戻る予定でした。

 

同じ方言、同じ習慣、同じエリアの情報を持っている同郷の人に出会うとお互いにホッとします。特に都内ではこのような出会いは嬉しく感じるものです。

併せて沼田市の若者がリモートを活用しながら、都内の大学へ通っているという状況にも時代の流れを感じましたが、コロナ禍が新しいライフスタイルへの移行を後押ししたことも事実として認識しました。都市部のライフスタイルの変化は地方以上に早く感じます。

 

今後の多様な社会の変化に負けないよう、企業自体の意識を変えていくことが重要だと感じる出会いでした。

チャレンジする姿勢

11月21日(日)伊勢崎市民体育館にて極真空手松島道場群馬県大会が行われました。今回はコロナ感染症対策として型のみの大会となりましたが、盛大に開催されまで環境が回復してきたことに安堵します。

以前のブログで触れたように、私も競技者として参加してまいりましたので、ご報告と共に感想をお話致します。

 

先ず結果から申し上げますと・・・見事に1回戦敗退となりました。程よい緊張感の中、無我夢中で演武を行い、たった一試合でも翌日筋肉痛と・・・大変貴重な経験をさせて頂きました。後ほど録画して頂いた画像を視ましたが・・・スピードは遅い、足は上がっていない、腰は落ちていない・・・と自分の意識とは裏腹に体は動いてくれないものです。

 

50才を迎え、自分の考え方や生き方が固まりつつある中で、他人から評価を頂いても真摯に受け止めることができないことが多々ありますが、競技においては勝ち負けを素直に受け入れ改善へのステップにしていく必要があります。特に社長なんてお山の大将をやっていますと見えなくなっているものが沢山ありますので、この点を見つめ直すにも良い機会だったのではないでしょうか。

 

同じ道場へ通う子供たちにもメッセージを伝えたかったことも事実です。特に大学受験を控えた息子へ目標に向かって努力する親父の姿を見せたかったのかもしれません。息子へ試合の結果を告げた時には何もコメントは返ってきませんでしたが、きっとメッセージを受け止めてくれていると感じています。言葉ではなく行動で示していくことの大切さも改めて実感しました。

 

こんな生き方しかできない社長であり親父でもありますが、自分なりのやり方を貫き、今後も皆様の為、大切な社員の為に一生懸命に前を向いてチャレンジする姿勢を忘れずに進んでいこうと考えています。 押忍

 

衆議院選挙の結果を受けて

10月31日投開票の衆議院総選挙が終わった。

この選挙が政権選択選挙と位置付けられたのであれば、国民の信任は自民・公明与党へ託されたと言って良いだろうが、何か釈然としない結果と受け止めている。自民と立憲が失った議席を維新がまるまる持っていった根拠は何だったのか?・・・ここを探ることが今回の総括につながるのではないかと考えています。

 

では、維新がなぜ躍進できたのか?・・・私なりの考えを整理してみたいと思う。

躍進の要因を簡潔にまとめるならば、「改革」と「リアリティー」だったと考える。

維新の松井党首は選挙以前から何かにつけ「改革」というメッセージを発信し続けてきた。その上に吉村知事のコロナ対策や施策が「改革」と言葉とリンクして有権者へ「リアリティー」を与えていったのではないかと考える。反対に自民党の岸田総裁は「富の分配」と言いながら、所属議員のお金にまつわる不祥事続き、有権者からのNOにつながったのでなないかと考える。甘利幹事長や石原会長などの、大物議員と言われる人たちの結果がそれを裏付けているだろう。

 

有権者にとって国政とは、いつの世でも遠い存在なのかもしれない。片や、市長選挙や市議会議員選挙は身近に感じるのではないだろうか。自治体レベルの選挙の候補者は「どこどこの誰さん」と言った具合に、有権者にとって身近にその「人」を感じられるものである。維新は地域政党という利点をキチンと理解して、大阪エリアの自治体レベルからの積み上げにおいて強固な基盤を築き上げてきた。更に大阪府知事、大阪市長が維新の中心を担っていること自体が大きな象徴になって府民へ認識されているのだろう。

 

野党が本気で二大政党や政権与党を実現したいのであれば、もっともっと長期的なビジョンに持ち、自治体レベルから住民の信任を得る努力が必要だろう。そして有能な人材を市会議員や県会議員から育て上げる仕組みを作り、国政へ送りだしていくような長期の戦略が必要ではないだろうか。もちろん首長の座は必ず得ることは申し上げるまでもない。

 

脱資本主義社会においては「コモン」と呼ばれる自治集団の醸成が必要だと唱える学者がいる。地方分権が叫ばれてから25年以上経つのだろうか・・・。我々はそろそろ本気で中央主権・一極集中の既存のヒエラルキーから脱却する必要があると改めて考える選挙であった。

衆議院議員総選挙

衆議院議員の解散に伴い10月31日投開票の総選挙が行われる。

メディアでは各党の獲得議席予測をワイワイ・ガヤガヤと繰り広げているが、今回の総選挙の争点が一体何なのか?・・・この点が明確にされないまま進んでいるように思われる。

「コロナ対策」「経済」「税」「安全保障」「外交」「脱炭素」・・・表立ったものを羅列してみたが、これだけ多くの継続的な課題が並ぶことを踏まえると、長きにわたる自公政権の賛否を問う「政権選択選挙」と言って過言ではない気がする。

 

政権選択選挙という側面からみると、選挙制度の在り方に方について一石を投じている報道も多数見受けられ、これは重要なメッセージだと感じている。

個人的には「小選挙区制度」「比例区制度」を大きく見直すべきだと考えているからだ。

 

兼ねてより、日本においても2大政党による政治体制が望ましいと考えてきた。最も大きな理由は政治的ガバナンスの実行性にあると思う。常に政権交代を可能にする「強い野党」の存在こそが、「正しい与党」のモラルと行動を生み出すのだと考えている。

そもそも小選挙区は政権交代を可能にする制度として導入されたはずである。都市部においては与野党が拮抗する選挙区もあり小選挙区の可能性を感じることができるが、地方にその風を感じることができない。その背景には、中央主権による見えない権力が地方の重石となっていることが大きな原因だと考える。

 

昨年からのコロナ禍により全日本人が生活に大きな政治的影響を受けたことだろう。それにより今回の投票率はかなり高くなるのではと思う。地方でも投票率が上がると小選挙区制度にどの様な影響があたえるのだろうか?・・・この点は非常に興味深い結果となるだろう。先ずは個々の一票の力を信じて投票に向かって欲しいものである。

 

「正しい与党」と「強い野党」・・・この理想の政治に向けた何かが今回の選挙で起こるかもしれない。その意味でも10月31日は今後の日本を占う上において、大きなターニングポイントになるかもしれません。

プロの世界

プロの世界

プロ野球界では、早々に今季の日程を終えた球団の戦力外通知が始まっています。プロアスリートであれば、常にこの可能性を負いながらプレーを続けていくのは当然であるが、改めて厳しい世界だと認識させられる。

気力も体力もまだまだ満ち足りている20代の選手が戦力外通告を受けるのだ。プロ野球を諦めない選手はトライアウトという制度を経て他球団への道を模索する、ある者は全く新しい道を歩みだす。毎年、これがプロという環境の厳しさなんだ・・・と教えられる。

 

当社の社員へも「お金を頂く限りはプロとしての仕事をすべき」と伝えているが、日本の雇用制度ではプロ意識を育成する限界を感じる。この点については他国の企業やビジネスマンから学ぶべきものが多くあり、働き方改革の枠の中で改善していく余地はあると考えています。

 

10月9日に当グループ企業の合同計画発表会を開催しました。これは半期毎に開催する大きな意味を持つ半期計画発表会である。その中で新たな給与システム・評価制度の概要を社員へお伝えしました。簡単に概要をお伝えすると「年齢主義から成果主義」への移行である。私が考える「お金を頂く限りはプロとしての仕事をすべき」という想いを、制度として裏付けしていこうという改革の一つだ。

 

日本の中小企業のほとんどが給与や評価の過程をブラックボックス化して、経営者や創業家の私的な感覚に頼っているのではないだろうか?これではプロ意識は育たないし、プロとしての仕事は提供できないだろう。企業を私物化した経営では本物のサービスは生まれないと考えています。

 

厳しさの中から生まれなFun(楽しさ)こそ本物であり、お客様から評価いただけるものだと信じています。皆様からのご愛顧に報いる企業づくりを忘れずに、プロとしての仕事へ努力を積み重ねていきます。

お客様との接点

「ウイズコロナ」「アフターコロナ」などのワードが言われ始めていますが、今後はどの様な社会が形成されていくのか?・・・まさに「神のみ知る」と言えるでしょう。

 

ビジネスにおいても未知の要因が多く、単純に捉えることは困難だと考えています。コロナ禍は人々のライフスタイルだけでなく、マインドをも大きく変化させ、貧富の格差は広がり、将来へ希望的観測も持てない人々が増えていることが大きな原因です。

短期的な政策や支援だけでは改善の道を見つけることは難しく、長期的なビジョンとグローバルな視点が必要なことがわかります。

現在のビジネスにおける勝ち組は間違いなくネットやデジタルを駆使した企業でしょう。リモートライフの中でビジネスの窓口がユーザーの手元にあるのだから、その接点を得られない企業に生き残りの策は考えられません。ユーザーとのリアルな接点も無くなることはありませんが、必要最低限で事足りる環境が既に整いつつあります。

建築業においてもユーザーとの接点は間違いなくデジタル化していきます。情報共有やデザインを構築していく方法も変えていく必要性を感じています。

 

建築業は基本的にフルオーダーメイドであり、オーナー様の意志を具現化していくことが我々に与えられた仕事であると信じてきましたが、デジタルを介した接点ではオーナー様の意図を正確に掴むことは難しく、全く新しい仕組みが必要になると考えています。簡潔に申し上げると、「受け身の業務姿勢」から「提案型のビジネスモデル」へ大きく舵を切ることが求まられていると感じています。2年前は当たり前だった業界の価値観を捨てて、自社のマインドを変えていかなければ時代にあったサービスは提供できません。

 

ビジネスとは世相を見ながら変化させ、且つ理念に沿って判断をしていくものだと・・・、改めて経営の奥深かさを知ったこの頃です。