blog 社長のブログ

日本の雇用について考える

大手企業において、中高年を対象とした早期退職の動きが加速しつつある。

併せて、経団連の中西会長やトヨタ自動車の豊田社長の終身雇用制度への言及を踏まえても、日本企業の雇用負担が極めて重い現状を容易に想像出来る。

しかしながら、マスコミ報道では新卒求人は空前の売り手市場との話である。当社においても2年連続で高卒生採用のチャンスに恵まれることが叶いませんでした。現場の担い手が不足しているという話は様々な業種からも聞こえてきます。

大手企業は間接部門(総務・経理・人事)を中心に過剰な人員を抱えて苦しんでおり、中小零細企業では現場を中心に人手不足に苦労している・・・簡単に言うと、これが日本の雇用の現状だと感じます。

現在進行形の働き方改革が進み、企業の作業効率が改善されれば、日本全体の雇用体制自体が大きな変化を迎えることは明白であると考える。今後、企業が社員を選定する時代が来るのか?社員が働き方を選択する時代が来るのか?・・・この答えを知るにはもう少し先になると思いますが、私は社員個々が輝き、社員個々が自己責任を負う時代が訪れると感じています。

当社の本年の社員育成テーマは「自主性を磨く」である。

私は、今後の日本には旧来の終身雇用制度をベースとした新しい雇用の形が生み出されると考えています。その為には、企業の成長と合わせて社員個々の人間形成が必要不可欠だろう。先ずは社員個々に「仕事のやり甲斐」「人生の生き甲斐」・・・こんな基本的なことから考えてさせる必要があると考えてカリキュラムの作成を進めています。

成果のご報告をご期待ください。